マニカ州地図


Manica - マニカ州 モザンビーク中部内陸部のシンバブエに接する州。
ジンバブエやモザンビーク各地への国道と交差点を持つ交通の要所です。山岳部が多く、キリスト教と融合した独特な山岳信仰が見られます。
町を一歩出れば、緩やかな起伏が延々と続く大地に広大な畑が広がり、安くて美味しい農産物が手に入ります。
日本の援助で立てられたシバタ・ゴンドラ初等教員養成校があり、地雷除去プロジェクト、医療設備などの協力も行われています。
マニカ州の詳しい説明はこちらから
ウィキ http://ja.wikipedia.org/wiki/マニッカ州



州都 シモイオ市内 Cidade de Chimoio

スーパーマーケット、何でも揃う市場、地方都市にもかかわらず選択肢が豊富なレストラン、ディスコ、公園、学校・・・小さい町に全てがぎゅっと詰まって、物価も安いとても住みやすい町です。

上:中心部目抜き通り
下:ディスコ コケイロ


カベッサ・デ・ヴェーリョ(「おじいさんの頭」山) Cabeca de Velho

州都シモイオを見守る、顔の形をした山。休日のハイキングに。シモイオ市街地を一望する背中には対照的な緑の大地が広がります。山岳信仰の対象でもあります。



シマニマニ国境地域自然保護区 Area de Conservacao Transfronteirica de Chimanimani

ジンバブエとの国境地域の険しい山岳地帯で、豊かな生物多様性と滝や大渓谷(「シマニマニ=大穴」の名の由来)、古代人の壁画、モザンビークの最高峰モンテ・ビンガ(2454 m)を擁する地帯を二国で共同で保護しています。

ジンバブエ側は主要な観光地ですが、モザンビーク側はまだまだ未整備。シモイオ市内から 4 WDで 5時間以上のデコボコ道と沢渡りを経て、最低限のキャンプ施設でガマンしなければなりませんが、それだけの価値かある景色に出会えます。

上:大渓谷 シマニマニ=大穴
中:古代人の壁画
下:滝



マシパンダ村 Machipanda

ジンバブエ国境の村。ジンバブエからベイラに続く列車のモザンビークに入っての最初の駅があり、温かい人柄と緑豊かな景色にほっとする、州外から遊びに来た隊員のお決まりの観光コースです。

上:ジンバブエへの入国手続き待ちのトラックの列
下:のどかな農村風景



シカンバ・ダム Barragem da Chicamba

シモイオ市の電力をまかなうだけでなく、湖畔にはレストランなどちょっとしたリゾートの雰囲気。ワニを出すレストランがあるとか。
淡水魚ティラピアの重要な産地で、ここでは特別にペイシ(=魚)・シカンバと呼ばれています。

上:ダムを下から
下:ダムの上、船を借りて





(番外)ゴロンゴーザ国立公園 Parque Nacional da Gorongosa

公園はソファラ州にありますが、旅の起点はシモイオが便利です。車で約5時間。
アメリカの支援で、リゾートとして整備されています。
シッポを立てて親子でトコトコ走る愛らしいイボイノシシ、木陰でのんびりするライオン、サバンナの植生やバードウォッチングも楽しめます。
私は会えませんでしたが、ゾウやシマウマもいるそうです。

上:ブッシュバック
中:イボイノシシ
下:ライオン

http://gorongosa.net/



テンプレートのpondt